読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトナ放談

オトナ女性たちのリラックストーク

「夫婦円満、楽しく暮らす秘訣」

夫婦円満、楽しく暮らす秘訣」


夫婦のあり方は皆それぞれ。

いろんな夫婦円満に暮らす秘訣の共有会スタート!!


---------------


まずはにっしーさん

ご結婚されることになられたそうで おめでとうございます\(^o^)/

結婚に対して素敵なお考えを持たれていらっしゃるので、

きっとおふたりで幸せな時間を重ねていかれることでしょう。

夫婦円満の秘訣では、わたしはこちらを心に留めています。

大好きな詩人の吉野弘さんの作品です。

すでにご存じかもしれませんが、ご紹介させていただきますね。


祝婚歌

二人が睦まじくいるためには

愚かでいるほうがいい

立派すぎないほうがいい

立派すぎることは

長持ちしないことだと気付いているほうがいい

完璧をめざさないほうがいい

完璧なんて不自然なことだと

うそぶいているほうがいい

二人のうちどちらかが

ふざけているほうがいい

ずっこけているほうがいい

互いに非難することがあっても

非難できる資格が自分にあったかどうか

あとで

疑わしくなるほうがいい

正しいことを言うときは

少しひかえめにするほうがいい

正しいことを言うときは

相手を傷つけやすいものだと

気付いているほうがいい

立派でありたいとか

正しくありたいとかいう

無理な緊張には

色目を使わず

ゆったり ゆたかに

光を浴びているほうがいい

健康で 風に吹かれながら

生きていることのなつかしさに

ふと 胸が熱くなる

そんな日があってもいい

そして

なぜ胸が熱くなるのか

黙っていても

二人にはわかるのであってほしい


それともうひとつ。

ひょんなことから出逢って

親しくしていただいているシスターの言葉です。


考えない


気にしない


求めない



吉野さんの詩と通じるものがあるように思いますが、

こちらの言葉は結婚生活だけでなく、

人生のいろんな場面で救いを与えてくれます。


私ごとですが、去る4月19日に結婚30周年の真珠婚式を迎えました。

21歳だったわたしは、ただ好きな人と同じ家に帰りたい思いで結婚しました。

性格も価値観も違う夫との生活には山あり谷あり谷あり谷あり…でしたが、

にっしーさんがお書きになっているように、

結婚することでわたし独りでは

見ることができない景色をたくさん見せてもらいました。

記念の旅には先日購入したワンピースとパンツを着て行きました♪

可愛くて楽ちんで、旅をより楽しいものにしていただきました^^








---------------


夫婦円満に暮らす秘訣・・・そうですねぇ、許す愛。



---------------


ご結婚(ご婚約?)おめでとうございます\(^ー^)/

23歳!

まさに、息子世代です。(°0°)

素敵なお嫁さんを見つけましたね。

我が家は、6月の結婚記念日で24年になります。

決して夫婦円満ではありませんが、

まわりの円満夫婦を参考にしてふたつアドバイスを。


ひとつめ。

お嫁さんもおっしゃってますが、

「ちゃんと言わなきゃ、何も伝わらないでしょ」

これに尽きますね。

違う環境で育ったおふたり。一緒に暮らし始めると

「あれ?」ということが出てくると思います。

そんな時はちゃんと話をして、二人のルールを決めて下さい。

ふたつめ。

いくつになっても、お互いを名前で呼び合う。

子供ができると、つい、「お父さん」「お母さん」と呼び合ってしまいますが、

今でも名前で呼び合っているご夫婦はラブラブでうらやましいです。

そして、もう一つ追加!

私には娘しかいないのでわかりませんが、もし息子がいたら、

嬉しい反面、結構寂しいのではないかと思います。

お母様にも、これまで以上優しく してあげて下さいね!

以上です。

それにしても、美男美女ですね。

結婚式の写真も楽しみにしています。

どうぞ、末永くお幸せに(^_^)


---------------


趣味が全く違っているからといえ、

お互いがたまには声掛けあい「ふり」をしてみるのもいいかと。

そうなんだーとか、いいよねー的に。

うちは、最初は興味無かった相手の趣味が数年前から自分でもハマり、

夫以上に燃えてしまった事など。

そんな風に日常に変化を促して行きながら

生活していくのがキープですかね。


---------------


皆さん、ご投稿ありがとうございました。

内容から皆さんのステキな夫婦生活が見えてきました!

そんなステキな夫婦生活を見習い、

私とパートナー共々、幸せに努めて参りたいと思います。

ちなみにゴールデンウィークは両家顔合わせです。

少し緊張しているにっしーなのでした…(笑)

 

cawaii-otona.hatenadiary.jp

ちなみに前回の記事はこちら↑

 

 

otona 40代。50代。憧れられる女性へ